わなびねこ

~沈黙せよ~

よい読者にはなれない

んでね、たいていにおいては、書き手にしか焦点があってないんですよね。でもほんとうに重要なのは読んでくれる人なわけですよ。「ちゃんと読んでちゃんと反応してくれる人」にこそ焦点が当たるべきなんですよね。ブログ書いてる人もなにかしら表現活動をしている人も、ぶっちゃけそういう人の反応が欲しいんじゃない?って俺は思うんです。むしろそれ以外の反応なんていらなくない?って。んで後者のような反応ばかりだよね〜っていうのがいわゆるSNS界隈における俺の印象というか。要するにSNSの正体って自分の話だけをしたい人が集まってるだけっていうね。人の話を聞こう - friedhead's


これはそうだよなあと思うと同時に耳の痛い話でもある。毎日感じている。ブックマークするときなんかに「これたぶんむしろそれ以外の反応なんだろうけど……」って一瞬躊躇する。特に個人ブログをブックマークするときには毎回毎回葛藤がある。

「ちゃんと読んでちゃんと反応してくれる人」でありたいっていう憧れはある。ちゃんと理解して気の利いたコメントとか書けたらかっこいいのにっていつも思う。そういう気持ちはあるけど自分には無理。もう諦めてる。

friedheadさんは余計なことは言わないということを貫いている人っていうイメージ。何か言うにしてもみなまで言わないというか。そういう美学を持ったかっこいい兄さんという感じ。friedheadさんの書くものはいつも、ちょっとこう、抽象的というか、僕にとっては少し難しい。「これ、どういう意味?」「ここ、もうちょっと具体的に書いてほしいわー」って思いながらいつも読んでる。

ちゃんと読めてる自信がない。いつも。いや、誰の文章でもそうだな。理解できてない。そのくせに、わかってもないくせに、何か書かずにはいられなくて、くだらないことをブコメしている。まさにむしろそれ以外になってしまっている。申し訳ない……。

というかここでみなさんに謝りたい。頓珍漢なことばかり書いてすんまへん。「そんなことないよ」って言ってほしいわけじゃないからね。 まあ「かめへん、かめへん」ぐらいは言ってほしいかも。

なんか話がずれてたらごめんなさい。

いやたしかに、そういうふうにしか読めてないという自覚はある。なんでもかんでも自分のことに関連付けてしまう。書き手が何を言いたいかとかそっちのけで、「まあ僕の場合はこうこうで……」みたいなことばかり書いてしまう。というか、そういうふうにしか読めない。自分に寄せて読むことしかできないし、自分のことしか書けない。

そして、すべってるっていう自覚もある。すべってるというかはずしてるというか。どうやらすべっているようだ、みたいな。昨日も今日もいつだってすべっている。

それならだあっとれやということです。

でも、このブログやはてブをやる目的、動機は、自分もなんか言いたい、なんか書きたいっていうのがあって、それは普段の生活の中では言えないあるいは言わないだろうことを、ここでなら書ける、書いてもいいだろう、という気持ちがあって、だからそもそもが書くべきではないことを書くことが目的なのであって……。恥ずかしいことであっても、みっともないことであっても、ここなら書いてもいいんじゃないかと。でもなかなか思い切れなくて中途半端になってしまっているのがよくない。

いやホントに常々申し訳ないと思ってはいるのですが、だからといってそういうことを考えてしまうと、これはもう何も言えなくなってしまいますし、そうなるとインターネットで何も言葉を発しないということになれば、それはこの空間では死を意味します。迷惑であっても無意味であってもゴミのような発言であっても、何か言葉を発していなければ、それは即ち死と同義であり、僕はやはり、できればもうしばらくこのインターネットで存在していたいと、そう思う次第で御座候。

なんか話がずれてるけどごめんなさい。

僕は「ちゃんと反応」する以前に「ちゃんと読む」ことができていない人間なので、他人のコメントを読んでそれを理解の助けにしたい。いろんな人のコメントをヒントにしたいと思っている。だからあまりハードルを上げずに、できるだけ多くの人がコメントしてくれたらいいなあと思っている。その前提として冗談とかウケ狙いとかじゃなくて、一応ちゃんと読んでいるつもりの人のコメントを読みたい。

あとやっぱり、いろんな人の、普段なら人に言わないような、内面のぐちゃぐちゃした部分を読んでみたいという気持ちがある。かっこ悪いところや恥ずかしいところ、そういうのこそ読んでみたいという気持ちはある。

どうも失礼しました(ブックの藤井風に)。


 * * *


まったく意図が読み取れていなくて、的外れなことを書いていたという話です。


能のない人間は沈黙すべきである。だけど……という話です(最後のほうに書いてあります)。